Topへ


国税局ホームページへのリンク

かかりつけ


「かかりつけの歯科医」 では、

歯や歯ぐきが痛むときに診てくれるだけでなく、
痛くないときでも口の中の健康状態を点検したり、
歯みがきがきちんとできているかなどをチェックしてもらえます。

また必要に応じて歯のみがき方の指導や、
歯面清掃、歯石除去など予防のための手入れ(ケア)を
定期的にしてもらうことができます。

その他、歯科治療の困難な障害のある方や寝たきりご老人に対しても、
かかりつけ歯科医は、治療や予防に積極的に取り組みます。

あなたにかかりつけの歯医者さんがあると、
歯や口のことでつらい思い、困った思いが減るだけでなく、
無駄な検査や医療費が少なくてすみます!

先生が「かかりつけ」だと どこがちがうの?
1 治療方法等をできるだけわかりやすく説明し、相談にも快く応じます
2 あなたの歯と口の健康を第一に考え、熱心な治療をこころがけます
3 むし歯や歯周病の予防、歯みがきや生活習慣などの指導を効果的におこなうことができます
4 子どもからお年寄りまで、家族で受診できる歯科医院をめざします
5 あなたの歯と口や体の状態を管理し適切にアドバイスします
6 症状によっては専門医や病院等と連携します
7 定期的な歯科健診を行える場を提供しています
8 年齢に関わらず継続的に診療できるようこころがけています
9 歯周病や小児の治療等の専門性を持った治療をおこないます
あるいはそのような医療機関と連携して治療をおこないます
10 寝たきりで通院できない方の相談や往診にも対応することができます
歯とお口の健康のために「かかりつけの歯科医」を持ちましょう。
半年に一度は健診を受けましょう。
誕生日など、受診日を決めておくのも方法です。

TOPへ